公開日:2016年3月4日 更新日:2017年8月2日 ©

看護必要度支援ソフト KangoChecker V1.0


看護必要度支援ソフト『KangoChecker V1.0』(以下、カンゴチェッカー)は、日々行われる看護必要度の測定結果を簡単な操作で入力ができ、 入力された結果をもとに「様式10の3」を自動的に作成することができます。 また、平成28年度の診療報酬改定に対応しておりますので、10対1一般病棟入院基本料を算定されております医療機関様に向けて自信をもってオススメできるソフトとなりました。

基本画面

  • kangohituyodo1
  • 患者様毎に前日の測定結果が初期表示されますので、本日の測定結果と「異なる」項目についてのみ変更して頂き、登録するだけの簡単入力です。

様式10の3プレビュー画面

  • 様式10の3プレビュー画面
  • 測定結果を元に様式10の3を自動的に作成します。作成された様式10の3はプレビュー表示されますので「PDF形式で保存する」もしくは「直接印刷」のどちらかで出力することができます。

測定結果の入力状況画面

  • kangohituyodo3
  • 測定結果の入力状況はいつでも表示することができますので、入力漏れを防ぐとともに、業務の精度向上にもお役に立ちます。

動作環境

OS Microsoft Windows 7 Professional
データベース Microsoft Access 2010 以降
アプリケーション Adobe Reader
必要なハードウェア レーザープリンタもしくはインクジェットプリンタ、メール環境