公開日:2016年5月26日 更新日:2017年5月26日 ©

【PCセットアップ情報】Windows10をWindows7/8.1に戻す方法



こんにちは、システム・アローポーションの武田です。

ここ最近、弊社のお客様で、意図しないWindows10へのアップグレードが横行しています。

問題は下図のような意図しないWindows10へのアップグレードスケジュールが勝手に組まれてしまい、

ユーザはそれを見落とすことでWindows10へのアップグレードが行われてしまっているようです。

 

win10tr1

Windows10へのアップグレード完了後31日以内であれば元のOSに戻れるようになっています。今回は事例よりその対応方法を紹介いたします。

それではいきましょう!

 

win10trdesk

(1)スタートメニューの「設定」をクリックします。

 

win10tr3

(2)設定の「更新とセキュリティ」をクリックします。

 

win10tr4

(3)左メニューから「回復」をクリックします。

 

win10tr5

(4)真ん中「Windows7に戻す」の中の「開始する」をクリックします。

 

win10tr6

(5)しばらく待ちます。

 

win10tr7

(6)Windows7に戻す理由をなんでもよいので選択すると「次へ」がクリックできるようになるので、クリックします。

 

win10tr8

(7)知っておくべき注意点を確認して「次へ」をクリックします。

 

win10tr9

(8)「次へ」をクリックします。

 

win10tr10

(9)「Windows7(もしくは8)に戻す」をクリックします。

 

win10tr11

win10tr13

win10tr12

(10)あとは元に戻る処理が始まるので、しばらく待ってください。概ね10分程度で終わります。元に戻る処理中に、PCが何回か再起動しますが、操作はしないでください。

 

win10trdesk2

(11)無事にWindows7に戻ることができました。

 

注意点としてはWindows10にアップグレードした際に意図せずに消えてしまっているアプリケーション(特にウイルス対策ソフト)やWindows7に戻した後で、デバイスが正しく認識されていなかったりすることがありますので確認してください。

また、Windows7に戻した際のトラブルとして、ほぼほぼ「タスクスケジューラ」にトラブルがでます。その影響でIMEが立ち上がらずに、日本語入力ができないトラブルが発生することがあります。対応方法については別記事「Windows10からWindows7にダウングレードした際のトラブル対応方法」を見てください。あなたの身の回りのお知り合いにも知らないうちにWindows10になってしまったという方々が多いのではないでしょうか。